リサイクルトナーについて

リサイクルトナーとはレーザープリンターに使われるトナーやドラムの使用済を回収してリサイクルするカートリッジをいう。使い捨てだったトナーを再利用する事により、環境や経費の面ではとても役に立つが、品質などまだまだ課題が多いのがリサイクルトナーである。
さてレーザープリンタ使用現況はいったいどうなのか?リサイクルトナーの改善がそれに大きく関わってくる。
韓国に普及したレーザープリンターは約180万台余り、使用頻度にもよるが、トナーカートリッジの平均寿命はおおよそ6ヶ月で、そうなると1年に約360万個,4億ドル トナーカートリッジを輸入している事になる。 先進国の場合すでに約10年前からリサイクル が一般化されていて、日本の場合正規商品の50%以上はリサイクルトナーを義務的に購入するように法制化されている。韓国でも1997年末から消費者らの認識が変わっていきつつありトナーはリサイクルするという傾向になってきた。やはりリサイクルトナーの普及が今後の大きな傾向になってくるようだ。
リサイクルトナー、カートリッジを使わなければならない必要性はあるのか?やはりそれは環境に大きく影響するのか?リサイクルトナーを使用することで何が変わるのか?
現在韓国で普及しているレーザートナーカートリッジとインクジェット インクトナーは90%以上外国で直輸入された製品だ。 米国やヨーロッパから輸入されるのがほとんどで、全体市場の約30%以上をリサイクルトナー製品が占有しているほどで、かなり安いリサイクルトナー、 カートリッジの使用は当然のことだ。 公害物質トナー、カートリッジは年間300-400万ヶ,年間8トンにもおよび、トラック数千台分に達しており、このように廃棄物に捨てられた各種プラスチック カートリッジは今後数百年を過ぎても腐ることなく、いくらでもリサイクルが可能な貴重な資源なのに、それを浪費して環境汚染を加重させている。 また国内廃棄物管理法にプリンタトナー カートリッジが、増えた指定廃棄物リストから除外されていて無断廃棄放置される可能性も非常に大きい。リサイクルトナーの利用は環境を考えると有効な方法と言える。環境問題はますます大きくなって注目を浴びることだろう。リサイクルトナーが普及すれば、今までも無駄な廃棄資源が多かったなかリサイクルトナーの普及はそれを見直す事ができる。
リサイクルトナーの使用で年間何トンと埋め立て処理されている廃棄トナーの減少につながれば、品質さえ良ければリサイクルトナーの使用は非常に有効なものと考えられる。

リサイクルトナーの製造会社でトップをいく韓国の有望メーカーが存在する。三星電子プリンタである。韓国はリサイクルトナーの品質がとても高いリサイクルトナーを生産できるメーカーがある。
外国産輸入製品一色の韓国プリンタ市場で唯一自らの生産および販売数の中で三星電子は韓国プリンタ市場占有率を1997年32%で1998年41%に達し、現在は50%まで高めて先頭体制を固める計画を打ち立てている。三星電子は韓国市場ではもちろんプリンタを輸出戦略製品で選定して大型取引先らとの戦略的提携を通じて輸出を拡大している。 昨年にだけ4億ドル,今年は5億ドルを輸出するということによって“ドルを稼ぐプリンタ”といわれた。これは外国産一色の韓国プリンタ市場での大きな変化をもたらすと予想され、韓国では国産プリンタのリサイクルトナー海外進出の突破口を開いたという点で大きい意味がある。
急激なPC需要の拡大,インターネットとパソコン通信の発達で写真イメージに対する利用が、多様化されて今年国内インクジェットプリンタ市場だけ90万台に達するほど リサイクルトナーは急膨張している。その分トナーカートリッジの需要は何倍にも増加しており、トナーを廃棄処分していては環境問題を考えるととても不利益な事である。リサイクルトナーの品質改善に努める三星電子のリサイクルトナーは今後注目できそうだ。

三星電子レーザーファックス複合機がドイツの権威ある専門雑誌の競争機種間において、リサイクルトナー品質比較評価で最優秀成績を受けて、さらにリサイクルトナー技術力を認定する、ドイツの権威ある通信分野専門雑誌に よれば,三星電子のリサイクルトナー、中大型事務室用レーザーファックス複合機が他競争会社との比較評価試験で最も高い点数を獲得したとされた。今回のリサイクルトナーの評価はHP,Canon,Oki,Brotherなど日本をはじめとする先進製品らとの比較で出てきたリサイクルトナー性能・機能部門と設置およびリサイクルトナーの取り扱いリサイクルトナーの便宜性,経済性印刷費用等で優秀な評価を受けるということによってリサイクルトナー世界市場で三星電子が事務製品製造業者としてのリサイクルトナー専門性をもう一度誇示することになった。そしてリサイクルトナーの品質が一番で世界のシェアを占めることになりそうだ。
三星電子は1996年ドイツ CeBITショーでのレーザープリンタ デザイン賞を受賞し、今年の始め英国BEUA(事務機器製品評価専門機関)でレーザープリンタのリサイクルトナー優秀品質評価を獲得して事務用品の量産技術ノウハウを認められ、今回再びNEWCOMでファックス複合機のリサイクルトナー優秀品質評価を獲得した。名実共に国際的な専門事務機器Makerとしてのリサイクルトナー名声を得ることになった。

おすすめWEBサイト 5選

ベビーカー・チャイルドシート

名古屋の家族葬

ポルシェ買取査定