レーザープリンタは事務を能率的で効率的に処理する為のにあってなくてはならない現代社会の必需品だ。しかしプリンタ消耗品による環境被害は日が進むにつれ深刻化していて、その対策準備が非常に求められるのが実情だ。
トナー、カートリッジは数百年の間分解されないプラスチックで作られていて深刻な環境汚染を起こしている。1年8トントラックで数万台のトナー、カートリッジが何の対策なしに捨てられている。現在は韓国では年間数千億ウォンを越えるトナーカートリッジを輸入していてこのように捨てられる廃棄トナー、カートリッジは6百年以上分解されないという。一年に捨てられる廃棄トナー、カートリッジは1千2百万ヶに達しているけが、国内産業廃棄物処理法条項にはプリンタカートリッジ処理に関する部分が抜けていて、大部分のトナー、カートリッジがいかなる規制や対策もなしに、むやみに捨てられて深刻な環境汚染を起こして私たちの環境を破壊している。
現在みな使ったカートリッジは業者でブランド除去後、粉砕させて根本的にリサイクルをされていない。小規模零細業者らの除去による品質阻害要因が発生している。またリサイクル製品に対する認識不足で大部分が無断廃棄処分されていていて、環境汚染を加重させている。
リサイクルトナー使用の重要性は大きく2つに分けて見ることができる。最初に,経済的な観点で見ればレーザートナーおよびドラム カートリッジは100%海外で輸入している製品で、現在まで一度だけ使ってそのまま捨てられてきたが、最高15回以上リサイクルするということによってIMF経済危機時代に経費節減効果および外貨節約に大きい寄与をすることができるということだ。
97年末から難しくなった経済状況で消費者らが環境を生かして経済的負担が減るリサイクルトナー、カートリッジに対する購買欲求が大きくなった。1個のカートリッジは主要部品だけを交替して使う場合概略10回以上リサイクルが可能で、購入単価も正規商品に比べて25〜45%以上安くて相当な費用節減効果をみることができる。
一例でプリンタEP-B2を使っている事務室でカートリッジを3ヶ月ごとに1年交替した時、正規商品を購入する場合8千円(2、7千円×4回)の経費が必要とされてリサイクルトナーを購入する場合3、4千円(8,5千円×4回)が支出される。結局リサイクルトナーを購入する場合7、4千円(68%節減)を減らすことができるという結論だ。
2番目は環境保護次元に立ってみると、トナー、カートリッジは毎年使用量が増加して廃棄量もまた急激な増加傾向を見せている。したがって6百年以上腐らない産業廃棄物のトナーおよびドラム カートリッジをリサイクルするということによって環境保護に一助となるということだ。これは環境汚染負担が大きい製品でトナーだけリサイクルすれば再び使い道がある資源としてのリサイクルトナー、カートリッジに対しては97年から環境マークの添付を施行している。
リサイクルトナー、カートリッジは98年現在で環境性と品質を認められた14個製品が環境マークを認証受けて使われている。
リサイクルトナー業者は廃棄トナーカートリッジ除去およびリサイクル技術開発に力を入れている。韓国のあるリサイクルトナー開発会社は初期に超精密製品のフィルム リボンとプリンタリボンを生産して、超精密技術を習得し、最初にトナー、カートリッジおよびドラムカートリッジのリサイクル技術を習得した。レーザープリンタ用トナーおよびドラム カートリッジ リサイクルに関する限りでは、業界最高の技術力を保有していて、完ぺきな生産設備と厳格な品質テストを通じて国家公認試験機関の韓国機器宥和試験研究員から前品目にかけてQマークを獲得した。 みな使ったトナー、カートリッジは紫外線が完ぺきで、特殊狂が設置されて静電気が防止された恒温除湿(湿度36%以下)のCLEAN ROOMでカートリッジを完全分解した後、すりへったり損傷した重要部品は交替して正規商品と同じ品質を維持している。 リサイクルトナーによるプリンタ損傷や品質以上を現わす場合交替は勿論ではあるが被害者補償体系を整えていて消費者保護対策も用意している。みな使ったリサイクルトナー、カートリッジは除去チームに連絡すればどちらでも訪問して除去している。
日本の場合官公庁は勿論ではあるが大企業体ではみな使った廃棄トナーカートリッジを捨てないで集めておいて日程数量になったり在庫がなくなる時ぐらいに、リサイクルトナー専門会社へ連絡してこれを除去するようにリサイクルしていて政府でも最下50%以上はリサイクルトナーを義務的に購買するように法制化して施行している。 この事だけでなくリサイクルトナー専門業者の自然環境保護業務を遂行するためにUNと地域市場が表彰を授けて成功的な企業で発展することができるように金融特典支援をするなど政府次元の支援が積極的になされている。
ヨーロッパやアメリカなど先進外国の場合を見ればすでに10余年前からリサイクルトナーが普遍化されていて消費者自身がリサイクル品を使わない場合、自身と子孫が生きていく自然環境は手のほどこしようもない深刻な状況に直面することになるという考えで、自らリサイクル品および環境マーク商品を購入している。

recommend

じゃらん
http://www.jalan.net/

Last update:2014/11/4