リサイクル制度とは?生産者に、製品の製作-流通-処理過程の責任を負うようにするようにする制度である。
 リサイクルや再使用の義務を生産者がリサイクルトナーを負担して廃棄物の発生量を根本的に減らそうという政策から始まった。
 現在のドイツなどヨーロッパでは廃棄物減量政策で実効性あるように推進中だ。
企業側はすでにリサイクル市場でリユースしているからEPRの実効性この上ないといいます。
だが,2003年環境部提出資料によれば新規カートリッジ中リサイクルトナーカートリッジが使われたのはは約45万ヶとして再使用率が25%程度である。残り75%は廃棄されていると見ている。
さらにHPの場合、自社製品を除去してリサイクルトナーオーストラリア,中国に送ってそちらでプラスチックと金属を分類してリサイクルしているからEPRが必要ないと主張する。
エネルギー環境の側面でリサイクルトナーの様に再使用がはるかに優秀なためだ。 またHPのリサイクルトナー数量は全体のリサイクルトナー発生量に比較すれば相対的に少ない。リサイクルトナーの生産率向上のために、リサイクルトナーの回収率をかげなければならない。

プリンタに適用されたリサイクルトナーの新技術
2008親環境商品展示会では各種事務機器に適用された親環境技術が見られる。特に曙光洋行は海外ですでに認められてたくさん活用しているリサイクルトナー、カートリッジをリリースして、富士ゼロックスはバイオマス プラスチックを利用したプリンタを紹介している。
曙光洋行はリサイクルトナー、カートリッジをリリースしている。 リサイクルトナー、カートリッジはリサイクル製品で多くに知れ渡っているけれど、曙光洋行のリサイクルトナー、カートリッジは違う。よく知っているリサイクルトナー、カートリッジは使った後、その中にインクパウダーだけ追加することだ。 それで故障したり破損の危険が大きくて印刷品質でも違いが生じてしまう。 だがリサイクルトナー、カートリッジは使った製品を完全に分解した後、壊れた部品を新しい物に交替してまた組み立てる製品だ。 印刷品質は正規商品と同等だが価格は正規商品の50〜60%だ。
トナー、カートリッジをリサイクルするだけでなく品質も保障するから親環境製品として多くの注目をあびていて、すでに海外では新しいリサイクルトナーたくさん使われている。現在の官公庁と大企業に主に納品していて一般市場にも拡張する計画だ。富士ゼロックスは独自の回収システムを適用していて、去る2004年タイにリサイクル センター設立を始め機器とカートリッジを除去してリサイクルしている。
今回の展示会で富士ゼロックスは親環境プリンタをリリースしている。この製品の最も大きい特徴はとうもろこし抽出物と同じ遺棄性資源が含まれて自然分解されるバイオマス プラスチックを内部ドラム カートリッジ カバーに使ったとのこと。これを通じて生成から廃棄まで発生するCO2排出量を既存プラスチック製品対応の16%に減少させる。また消費電力も2.2Wだ。