現在の国際化傾向はリサイクリングは消えていってリメニューファクチュリング(Remanufacturing)が脚光を浴びている。 世界多国籍企業という米国のいくつかの企業らの間にもリメニュファクチュリングブームが起きている。 既存リサイクル式が廃棄物化学処理の費用と公害誘発抑制に従う莫大な再生費用の短所があるならばこれを原則的に克服できるという代案としてリメニューファクチュリングは新しい環境事業で位置づけを広めていっている。
リメニューファクチュリングができた製品を完全分解してリサイクルトナー主要部品を新製品中と同じ機能と性能を持つように組み立ててリサイクルする方式だ。プリンタ消耗品で使われているリサイクルトナーおよびドラム カートリッジを分解してリサイクルトナーとして再組み立てしてリサイクルトナーの商品化をするならばリメニューファクチュリングということになる。 反面このようなリサイクルトナー消耗品を環境汚染させないように産業化して廃棄する事をリサイクリングという。リサイクルトナーはその代表である。
現在の外国の多国籍企業らのコダック,ゼロックス,デュポン,GMなどは最近リサイクル事業の概念をリサイクリングからリメニューファクチュリングで切り替えて、これを前提にリサイクルトナー生産マニュアルを全面再改編した。 大部分のリサイクルトナーなどの主要部品らを簡単に組み立ててリサイクルトナーなどの半永久的にリサイクルすることができるように画期的なソフトウェアシステムを開発して活用していくことだ。リサイクルトナーが半永久的にリサイクルできるなら、どれだけの環境にいい影響が出るだろう。

三星電子は今年の始めから自社のレーザープリンターで使って廃棄されるトナーカートリッジが一般ゴミとともに廃棄されて環境汚染を防止しようと全国80ヶ余りの三星電子サービスセンターと1カ所の代理店を通じてトナーを回収するリサイクルトナー推進制度を設けた。三星電子欧米事業場にリサイクルトナーのリサイクル施設を設置して今年4月からリサイクルトナーの販売を始めた。リサイクルトナー再生の為にどれだけトナーを回収できるかにかかっている。

check

最終更新日:2014/11/4