プリンタ製造会社らは消耗品特にプリンタのトナーカートリッジに対しては独特の政策を持っています。
プリンタ会社らの最も大きい収入源はトナーカートリッジです。
HPの2001年1/4分期のプリンタ,コンピュータなどのハードウェア事業は$100,000,000の営業損失をみた反面トナーカートリッジ販売と関連した事業は$500,000,000の営業利益を出したといいます。
HPプリンタ消費者が約2000万人に至っていてこの人らがトナーカートリッジを一つずつだけ購入しても$599,800,000の販売収益ができるといいます。
エプソン スタイラス カラー580プリンタの価格は$69や使用者が一日に5ページずつ5年の間使うならば$11,106の消耗品費用がかかるといいます。
これと共にプリンタを安い価格にたくさん売っておいてトナー、カートリッジを高い価格で販売して利潤を確保することがプリンタ会社らの基本政策です。
これは国内で1万円序盤台のプリンタらがたくさん供給されているのにこれらの消耗品を2〜3回だけ交替すればプリンタ価格を上回る金額が出てくるのもこのような政策に由来します。この理由でプリンタ会社らはA/Sに対しても排他的な政策を展開します。
リフィルインクやカートリッジとリサイクルトナー製品使用中問題点が発生すれば先ずはリフィルを販売した会社に連絡をして相談をごらんになることが賢明です。
消費者運動が発達した米国のような場合このようなことは想像することもできません。実例ですが、米国連邦裁判所は他社のトナーカートリッジを使用できないというHPの表記を使うことができないようにする判決を下したりもしました。しかし国内では流通上らにもトナーカートリッジ販売時不利益を与えて自社製品販売だけを無理に押し付けていることがプリンタ製造会社らの政策です。現在の国内でも不法に適用されようとしています。トナーカートリッジは消費者の賢明な選択です

インクやトナーを含んでいる本体の"カートリッジ"をリサイクルしたことで、紙にプリンティングされる

注目サイト

2017/1/25 更新