リサイクルトナーの制作方法、紫外線が完ぺきに遮断された恒温,除湿(湿度36%以下)のClean-roomで、静電気が防止された状態でトナーカートリッジを完全分解した後、すりへったり損傷した重要部品らを交替して特殊Know-Howによりトナーをリサイクルする。この新しいものを再生する品質リサイクルトナーを可能にするのに一部業者でリサイクルした、は原価だけ低くして作られるのでリサイクルトナーの品質上の問題点が発生してプリンタの寿命を短くすることもある。このようにまだまだリサイクルトナーの品質的問題から、粗悪なリサイクルトナーを利用してしまうとプリンター事態に故障が生じて、リサイクルしても逆に経費がかさんでしまうケースもあるようだ。リサイクルトナーの唯一の欠点と言える。
これに対して、リサイクルトナーの改善を駆使して開発している企業ももちろんあるので、今後のリサイクルトナー技術革新に期待したい。
トナーは既に入っている残余物を全面的に洗浄して完全除去した後、廃棄トナーカートリッジおよびリサイクルトナーの重要部品を交替する。 OPC Drumはリサイクルトナーとして2-3回使用可能なので状態によりリサイクルまたは交替する。
生産工程で肝心のトナーが散らないように締め切りをする。廃棄トナーを全量回収して密閉容器に保管し、廃棄物委託処理業者にリサイクルトナーの処理を委託する。細心な配慮も環境汚染防止のための重要な項目の中の一つだ。
リサイクルトナーの品質維持のための勝負のカギは、消費者が使用後廃棄したトナーカートリッジおよびドラム除去Systemの構築と多様なプリンタ 機種に合うトナー成分の分析にかかっている。プリンタ機種に合わないトナーカートリッジの摩耗性部品が適時に交替されない場合には、プリンタ製品の故障につながる。リサイクルトナーもその機種に適したものを使用し選択しなければ意味がない。
三星電子が自主的に実験した結果一般市場で流通するリサイクルトナーはトナー表面が荒くて画質がなめらかでないだけでなく、ドラムはやはりリサイクルトナ−の類似品を使ったので、複雑なグラフィック中心の文書では画質上の深刻な問題が発生する。このようなリサイクルトナーとは違い三星電子で生産するリサイクルトナー、カートリッジの主要部品は純正部品に交替するので三星電子の規定の品質基準に達する。
三星電子のリサイクルトナー、カートリッジは既存の正規商品のトナー、カートリッジを生産するリサイクルトナー生産工程より難しくて複雑な公正を経て生産するので、リサイクルトナー初期生産収率は多少低くなると判断されるため、まずは企業または政府官公庁に限定供給する計画だ。 リサイクルトナーの生産率向上のために、リサイクルトナーの回収率をかげなければならない。

プリンタ トナー、カートリッジのリサイクルは、飲んだ飲み物のビンを回収してまた飲み物を入れて販売することと違わない。もう私たちも“再生品リサイクルトナーは使わないという”古い考えを変えて“プリンタの値段よりカートリッジ費用がもっとかかる”という問題を考慮して、リサイクルトナー利用で経費も減らし環境を考えるリサイクルに関心を持たなければならない時だ。リサイクルトナーの生産率向上のために、リサイクルトナーの回収率をかげなければならない。

新年を準備して迎える立場で,情報通信の革命とデジタル時代に合う新しいパラダイムが要求される。

リサイクルトナーおよびリサイクルシステムを構築したことはエコ経営(Green Management)を実践する環境重視企業経営の良い事例になるだろう。リサイクルトナーの品質改善と普及が、プリンター業界の活性化につながるだろう。
またリサイクルトナー製品の全過程にかけた環境への影響を把握して減少するための定評あるレーザープリンタ製品の導によりリサイクルトナーの親環境的なプリンタリサイクルトナーが開発されるだろう。
リサイクルトナーにより他業者でもリサイクル事業に関心を高めさせることになるし、年間4億ドルに達する輸入正規商品トナー,ドラムを リサイクルトナー,ドラムに変えるならば年間3億 2千ドルの輸入依存率を20%低くする程の外貨節約効果が期待される。

おすすめWEBサイト 5選

BIGLOBE
http://www.biglobe.ne.jp/

2014/11/4 更新