コンピュータ プリンタ業界で、トナーをリサイクルできないように大企業らが邪魔しているという疑惑が提起された。
環境団体らが怒っている中で、政府次元で一度調査する必要がありそうだ。
リサイクルトナーが重要であるにも関わらす、プリンタ生産大企業らは純正のトナーを推進したいのである。
消耗品のトナーカートリッジの作りを複雑にさせてリサイクルトナーの製造を難しくさせているという指摘だ。
自社利益のためにリサイクルトナーの販売を原則的に禁止している。空のカートリッジにトナーを満たしてプリンタに設置したところ作動しない。一度使えばリサイクル不可にさせるようにしたのだ。ではリサイクルトナーを使用するならばどのようにしなければならないのか? チップを交替してトナーも交替しなくてはならない。
それではこのチップが値段がどれくらいになるのか? およそ450円程度である。リサイクル用チップに変えて付けてみたらプリンタは作動した。チップの値段が高ければ高いだけリサイクルトナーの価格も上昇することになっていることで、その負担は直結の消費者が抱え込むことになる。使用者がプリンタ使用と消耗品使用を最適化することができるようにするべきだ。だがプリンター企業は消耗品に装着されているチップ自体がリサイクルを邪魔するために作ったチップではないと主張している。
リサイクルトナーの三星電子のカートリッジには頭が片方にだけ掘られたネジ釘を使っている。一度回して打ち込めば解きにくいのだ。
トナーカートリッジを人が吸入することになればからだに良くない場合もあるために、一般の人が解くことができないようにしておいたという事で、リサイクルトナー製品の防止ではない。プリンタの消耗品の部品は一年で2千5百万ヶぐらい出てくることで業界は見ている。この中でこのようにリサイクルされるのは10パーセントに過ぎない。

三星はリサイクルトナーを使えば故障すると製品に警告文句を付けました。大企業とリサイクル業界の頭脳戦争が激化している。

Valuable information

最終更新日:2014/11/4