近年環境の悪化で、京都議定書などの国際的な協定などもでき、世界的に環境問題が重要視されている。
私たちが生活するなかで、様々な環境破壊が起きている。
リサイクルトナーはその環境へ配慮した政策の一つであり。無駄な資源はないということの一つである。
ここではリサイクルトナーの話はおいといて、同じリサイクル問題の車についてだ。
車は最後に廃車されて、その後スクラップされて埋め立てられる、というのは昔の話で、現在では、細かな部品までもリサイクルされて、メーカーへ回されたり、個人へ販売されたり、海外へ渡ったりとリサイクルの現状は様々である。
車買取業者が買取って廃車手続きをするのが一般的である、そのごリサイクル業者に回って解体されて、細かい部品、部品に分類される。再び車として生まれ変わり、海外で乗られる事もある。
また廃車する際にかかるリサイクル費用をすべて業者が負担するのは困難な為、車の購入者が購入時にリサイクル券と言ってリサイクル費用を一部負担する制度が始まった。これにより、廃車にされた車を処分する費用の問題で、不法投棄されることも少なくなった。
こうしてプリンターのトナーや車の部品、そのた多くの使い捨てにされてきた産業廃棄物は、現在様々な工夫をこらしてリサイクルトナーとして生まれ変わったり、廃車後の車も無駄なく再利用されて、少しでも環境改善につとめるよう工夫されている。
環境問題は今始まったことではない、私たち人間が住みやすくしてきた代償として、積み重なり、地球環境がおかされてきている。そのまま自分たちの目先の利益の為に行動し続けると、かけがえのない地球が汚染され、私たちにその問題が降りかかってくるのだ。
企業努力のおかげで近年リサイクルという言葉は身近になってきている。リサイクルトナーの品質向上や廃車にした車のリサイクル処理も近年細かく再分化されてリサイクル率も上がっている。

Last update:2017/3/30